音声ガイドット~音声ガイドを当たり前に~音声ガイドット~音声ガイドを当たり前に~

お知らせ

  • 公開情報

「耳をすませば」10月14日全国ロードショー公開!

 あの名作アニメ『耳をすませば』の主人公たちの10年後を描くオリジナルストーリーが実写映画化されました。10月14日の公開初日からバリアフリー対応となっています。HELLO!MOVIEで音声ガイドをお聞き下さい。

 <作品紹介>

 「夢にまっすぐな君を好きなまま 大人になりました」
1989年に少女まんが雑誌『りぼん』で連載された不朽の名作『耳をすませば』。1995年にはアニメーション映画が公開され、今なお色褪せない青春映画の金字塔として、歴史に刻まれています。
そして2022年、まんが・アニメーション映画でも描かれた中学生の甘酸っぱい青春時代はもちろん、完全オリジナルの10年後の物語も加わって、実写映画化。

 読書が大好きで元気いっぱいな中学生の女の子・月島雫。彼女は図書貸出カードでよく見かける、ある名前が頭から離れなかった。
 天沢聖司―――全部私よりも先に読んでる―――  どんなひとなんだろう。
あるきっかけで“最悪の出会い”を果たした二人だが、聖司に大きな夢があることを知り、次第に惹かれていく雫。
聖司に背中を押され、雫も自分の夢を胸に抱くようになった。

それから10年の時が流れた、1998年。
雫は、児童書の編集者として出版社で働きながら夢を追い続けていたが、思うようにいかずもがいていた。
もう駄目なのかも知れない―――そんな気持ちが大きくなる度に、遠く離れたイタリアで奮闘する聖司を想い、自分を奮い立たせていた。
 一方の聖司も順風満帆ではなかった。

大人になった月島雫を清野菜名が、天沢聖司を松坂桃李がW主演で演じます。監督・脚本は『ツナグ』『影日向に咲く』の平川雄一朗。 アニメ化された原作の中学生時代と、オリジナルで描かれる10年後の雫と聖司の新しい物語。アニメをご覧になっていらっしゃらない方にも届けたい、さわやかな青春映画の誕生です。

 バリアフリー音声ガイドは弊社・音声ガイドットが制作協力いたしました。ガイドナレーターは声優の置鮎龍太郎さんです。この秋一番の話題作をぜひ劇場でご覧ください。

お知らせ一覧に戻る

アーカイブ

カテゴリーから探す