バリアフリー音声ガイド専門の制作会社です。

 見えない・見えにくい方々に映像の情報をわかりやすく伝える。映像の楽しみを味わっていただく。そのためには、映像で表現されていることを言葉(音声)で伝えることが必要です。

 現代は映画・テレビ・ネット配信など映像があふれています。

私たちは、的確でわかりやすい音声ガイドを制作します。見えない・見えにくい方々のための映像のバリアフリー化を進めます。

 バリアフリー音声ガイドとは

映画の音声ガイドは「解説」や「説明」ではありません。例えば、ホラー映画で「部屋の隅に死神が立っている」と言われるより「部屋の隅に黒い人影が立っている」と言われたほうが、「不気味だな、死神かな」と想像できて、映画を楽しめるのです。映っているものを言葉に置き換える作業は、まるで映像の実況中継です。

美術館や博物館で導入されている「音声ガイド」は、作品を見ながらイヤホンで作品の背景や作者についての解説を聞くことができる便利なものです。しかし、目の不自由な人には、まずその作品がそもそもどういうものなのか、「絵画か、彫刻か」絵画だとしたら「大きさは?形は?色は?人物画か、風景画か?」など観賞するために説明してほしいものがたくさんあります。見える人にとっては簡単にとらえられる情報を、言葉で説明することで、目の不自由な人がイメージすることができる。それがバリアフリー音声ガイドなのです。

映画は映像の芸術ですから見える人にとって楽しめるように作られています。見えない・見えにくい人が一緒に映画を楽しみたいと思ったら、「どんなものが写っているか」を言葉で説明するしかありません。

 お姫様が着ているドレス、主人公が見とれる美しい風景、次から次へ目まぐるしく戦うアクション、悲しみに耐えるヒロインの顔・・・

バリアフリー音声ガイドは情報を、言葉で届けます。

 バリアフリー音声ガイドはこうして作ります

<原稿を作る>

ガイドを作るためには何回も映画を見て、専門的な知識が必要な部分は調べて、原稿にします。この原稿を書く人をディスクライバー(描写する人)と呼んでいます。

映画には台詞や効果音、音楽も入っています。ガイドがそれらの音響を邪魔することもできません。台詞と台詞の間の短い隙間に無駄のない言葉でガイドを入れていきます。

<モニター会>

ディスクライバーが書いた原稿はそのままでは使えません。実際に目の不自由な方に映像とガイドを合わせて、的確なガイドになっているかをチェックするのがモニター会です。ガイドが足りないところや、聞き取りにくいところ、逆にガイドが多すぎてストーリーの流れを切ってしまっているところなど、目で見ている人には気がつかないチェックポイントを、耳で点検して修正を繰り返します。

<ナレーター収録>

音声ガイドを読むナレーターにも専門性が求められます。作品の雰囲気に合った声質であることはもちろん、ナレーターが感情をこめて読んでしまうと、逆に映画に入り込めなくなってしまいます。といって、場面の雰囲気に即した読み方も大切です。しかし何といっても確実に言葉を届けることが一番大切な技術です。

テレビ番組・ネット配信動画・・・

増え続ける映像。でも、見えない・見えにくい方々は十分な情報を得られません。字幕で紹介された人の名前を読み上げたり、「これをご覧ください」と示されたものが何であるか説明したり。バリアフリー音声ガイドは日常の生活に必要不可欠になっています。音声ガイドができることはたくさんあります。

ネットの動画で料理の作り方を見る女性

弊社スタッフによるバリアフリー音声ガイドが使用された作品です。

音声ガイドはDVD・ブルーレイに収録されているほか、一部を除きUDCast・HELLO! MOVIEのスマホ端末で提供されています。

  「静かな雨」

  「事故物件 恐い間取り」

  「弱虫ペダル」

  「劇場」

  「Fukushima50」

  「一度死んでみた」

  「男はつらいよ お帰り寅さん」

  「午前0時キスしに来てよ」

  「引っ越し大名!」

  「パラレルワールド・ラブストーリー」

  「ザ・ファブル」

  「パーフェクトワールド 君といる奇跡」